出版費免除?企画出版とは

原稿の作成から校正・本の形にし、宣伝して売るところまでするのが個人出版と前項でお伝えしました。 さすがに負担が大きすぎて無理、という方には企画出版がいいかもしれません。 企画出版とは大手の出版社に原案を提出し、一般的に書店に出ているようなクオリティ以上のものであると認められた場合に、出版にかかる費用を負担してもらえる出版法です。

もちろん並みの質では却下されてしまいますし、売れないと分かりきっているものに資金を出してくれるほど甘いものではありません。 プロの出版社が日夜知恵を絞り、頭を悩ませながらさまざまな企画の考案にあたっているわけです。 そんな業者の方に名もなき個人が出版費を出してもらうというのは、並大抵のことではないのは分かると思います。 企画の時点でどれほど素晴らしかったとしても、書店に実際に出してみなければ、本当に売れるかどうかは未知の世界。 そこまでして出したいと思わせるほどの内容を、どうしても持っていかなければなりません。

こんなふうに聞くと、ハードルが高くて、とてもじゃないけど無理だと感じる人もいると思います。 自費出版は基本的に個人がお金を負担して出版する方法ですから、原案を持ち込んで企画出版にできるほどのクオリティを出すのは正直難しいです。 企画出版は「内容的には自信もあるし、出せればヒット間違いなし。あとはお金だけの問題なんだけど……。」という方にはおすすめの出版方法と言えるでしょう。

もし資金にある程度余裕がある場合や、ほんの数冊~数十冊程度の量を身内に配布するくらいであれば、そこまでする必要はありません。 製本してくれる業者さんに依頼して、本の形にしてもらってみてくださいね。