協力出版のススメ

「完全に最初から最後まですべてをやるのは大変。でも企画出版に通るほどのクオリティでもないし……。」 という方におすすめなのが協力出版です。 協力出版では出版にかかる費用は個人負担になるものの、大手の出版社の名前を借りて本を出せるだけでなく、 自分の著書が100%本屋さんに置いてもらえるようになります。

一人で宣伝したり営業をかけたりして苦労することを考えると、これだけでもすごいことですよね。 実はこれだけにとどまらず、初版を完売できたあかつきには、それ以降の出版にかかる費用はすべて出版社が負担してくれるのです。 この段階までくれば著書による所得、いわゆる印税というものも視野に入ってきますし、良いことづくめと言っても過言ではありません。 いかに初版の売り上げを伸ばすかがカギになってきます。 具体的には宣伝・広告・営業などですが、ここは出版社の仕事ですので、素直にお任せしてしまいましょう。

問題はそもそも売れるような作品・著書が書けるかどうか。正直言うと、これに尽きます。 企画出版は通らなかったけど、協力出版なら受け入れてもらえるケースも割と多いです。 何せ出版にかかる費用は個人が負担するのですから、仮に売れ行きが芳しくなかったとしても、出版社のダメージは最小限で済みます。 その点からもこの出版法はけっこう広まっており、ある程度の文章が書け、資金の用意もあるという方にはおすすめの自費出版と言えるでしょう。

家族や親戚・知人といった身内にとどまらず、広く世の中に公表してみたいという方は、協力出版を検討してはどうでしょうか? 思ったように売れなかったとしても、挑戦した証は残りますし、本を出した満足感は一生モノになりますよ。