自費出版した人の感想

ここで少し、実際に自費出版業者に依頼して出版してみた方の感想を紹介していきます。 「(ネット限定ですが)何回も修正依頼を出したのに、無料で引き受けてもらい、助かりました」 「年金生活の身で資金面は心細かったのですが、思ったより格安で済んだのがありがたかったです」 「費用が安かったので仕上がりに不安があったのが正直なところです。

しかし出来栄えを見てびっくり。一般的な本と比べても勝るとも劣らない質で感動しました」 ざっと挙げるとこのようなものですが、みなさん大変満足しているのがわかりますね。 もちろんこれは自費出版で成功した人たちのものなので、全部が全部こうなるとは限りません。 ただ、ここから読み取れることをヒントにすれば、自分で自費出版をする際にとても参考になります。 まず最初の方ですが、修正依頼を出すということは人件費がかかりますから、無料というわけにはいきません。 せっかく修正しても気に食わなかった・当初意図したものとは違う内容になってしまった、などと食い違いがあったら、またやり直しです。

自費出版は一生に一度の大切なものになり得る貴重な機会ですので、できれば細部までこだわりたいというのが書き手心というものです。 1回や2回ならまだしも、何度も引き受けてくれる業者さんはそんなに多くありません。 手書きではなくネット限定という縛りはあるものの、基本的な入力作業さえできれば問題ないので、非常にありがたいサービスと言えます。 また年金生活に追われ、資金があまり用意できない方でも、格安で出版できるケースもあるようです。 製本された本を見ても質が劣らず、満足できるレベルのものに仕上がっていたと感じる方がいるのも注目です。