自費出版にかかるコストはどれくらい?

自費出版は名前のとおり自前で資金を用意して出版をしていきます。 当然コストがかかるのですが、具体的にどれくらいかかるものなのでしょうか?

一般的な自費出版業者に依頼した場合、1000部で200万円ほどと言われています。 これが高いと感じるか低いと感じるかは個人の資金力によるところが大きいので、何とも言えません。 ただ自費出版は売れるのが目的ではなく、主に記録として自分の作品を本の形に残すために作る方がほとんどだと思います。

売り上げが伸びて収益につながればそれはそれで良いですし、売れなくてもともとという心構えでいたほうが、売れなかったときのダメージは少ないです。 コストを抑えたい場合は発行部数を減らせばいいと思うかもしれませんが、大手の自費出版業者は1000部単位での受注をしているところが多く見受けられます。

人件費をはじめさまざまなコストがかかる関係上、あまりに部数が少ないと割に合わないというのが理由として挙げられます。 ただでさえ大手の出版業者は日々売れる原稿の企画や推敲・選定などを懸命に行っているため、個人の自費出版、それもほんの数冊のためにコストをかけていられないのが現状なのです。

もちろん基本は1000部単位なのですが、500部でも良いと言ってくれる業者さんもないわけではないですし、大手にこだわらなければ、割と少ない部数で発行してもらえるところもあります。 だいいち売れる見込みがないのに1000部も作ってしまうと、在庫管理が大変で、置く場所に困り結局自宅に山積みになる……というケースも少なくありません。 このことから、自費出版は採算が取れないのが当たり前と思っておいたほうが良いでしょう。