自費出版の問題点とは

自分の著作を自腹で出版する自費出版。当然問題点もいくつかあります。 まず原稿の作成から修正、製本して売りに出すまでをすべて行う個人出版では、負担がもろに個人にかかります。 自分で全部やりたい場合はこの方法で行うわけですが、実際の作業はけっこう大変です。 出版・広告業界で活躍していた方や、知り合いにそういった関連の人がいるというなら話は別ですが、 個人的に出版することを考えたとき、やはりすべてが自己負担となるのはあまりおすすめできません。

もちろん原案はその人自身にしか書けないので、そこは依頼する必要はないのですが、それ以降の工程はプロの業者さんに頼んだほうが良いでしょう。 原稿の修正・製本・出版までを専門に請け負っている会社なので、個人で一から覚えて取り組むより断然早く、クオリティも高く仕上がります。 ただ、業者さんに依頼するとなるとお金もかかりますし、修正の過程で原案で伝えたかったものとは異なったニュアンスの文章に変えられてしまう場合もあります。 資金面については交渉してなんとかなる面もありますので、よく話し合ってみると良いかもしれません。

また、編集されて一見読みやすくなったように見えても、当初意図したものと食い違いが出ていたら遠慮なく伝えてください。 「プロの業者さんが直してくれたんだから、意見するのは悪いかな……。」 などと躊躇してしまうと、いざ本の形になって自分で読み返したときに後悔してしまいかねません。 せっかく出版するのですから、100%完璧にとは言いませんができる限り自分の構想どおりの内容になるように相談してみることをおすすめします。 多少時間がかかっても、納得のできる本が出せると良いですね。