自費出版の方法

自費出版の全体像がわかってきたところで、実際に本を出してみたいと思った方もいるかもしれません。 実は自費出版と一口に言っても、その方法はさまざまです。 たとえば経費を最小限に抑えたいなら、原稿の考案からレイアウト・宣伝から販売まで全部自前で行う個人出版がおすすめです。 業者に依頼する人件費がかからないので資金面だけで考えるともっとも低コストな出版方法と言えます。

もちろんすべて自分でやらないといけないので、ものすごく手間がかかりますし、正直言ってかなり大変です。 よほど根気と熱意がないと、途中で折れてしまいかねません。 リタイアしてしまいそうで不安な人は、素直に専門の業者さんに頼むのが無難です。 もし原稿に自信があり、採用間違いなしと思う方は企画出版にチャレンジするのも一つの手。 企画出版とはプロの出版業者に原稿を持ち込み、売れる見込みが高いと判断された場合に出版費用を負担してくれる出版法です。

出版にお金がかからないなんて夢のようですよね。でも当然、誰でも無条件で負担してくれるわけではありません。 利益が出ないものに投資する人はいないように、内容がイマイチな原稿を持っていっても、却下されてしまいます。 名もない個人がお金をかけずに出版できるのですから、当然のことかもしれません。 ハードルはかなり高いですが、アイデアが担当者の心を動かす素晴らしいものであれば企画が通るケースもありますので、挑戦してみる価値はじゅうぶんあります。 「原稿にはこの上ない自信がある。あとはお金さえあれば……。」という方は、ぜひ企画出版を考えてはどうでしょうか?

万が一ダメでも改善点を洗い出すためのキッカケになるので、決して損はありませんよ。