グラビア印刷とフレキソ印刷

No Comments

グラビア印刷は、雑誌のグラビアページなどで使われる印刷方式で、版式としては版表面が非印刷部分になる凹版印刷です。
版は、版胴または版胴に巻きつけるラップアラウンド版の表面をエッチングした状態に作成します。
製版方法には、主なものでもコンベンショナル法、網グラビア法、 電子彫刻法の三種類があり、コンベンショナル法は、写真グラビアのような高品位な印刷に、 網グラビア法は、新聞の日曜版、雑誌、 DMなどの印刷に 向いています。
菓子や食品を包装するフィルム資材や袋 の印刷には電子彫刻法が使われます。

フレキソ印刷は、表面が平滑でない被印刷物への印刷に適した印刷方式で、ダンボール、紙袋、牛乳パックなどの紙器、封筒などの印刷が主な用途になっていますが、 シlル・ラベル、軟包装等フィルム、建材などの印刷にも 使われます。
版式としては凸版印刷で、版材には柔軟性のある樹脂板やゴム板(フレキシブルレリーフ)が使われます。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です