進化を続ける印刷技術

No Comments

19世紀に入り、殴米では次から次へと新しい印刷技術が誕生しました。 前章で紹介したドイツのセネフィルダーが石版印刷の技術を発明した 1798年に、イギリスのスタンホープ伯が総鉄製印刷機を製作し、毎時250~300枚 の印刷を可能にしました。このスタンホーフ社の印刷機械は日本にも輸入され、印刷産業の発展に大きく貢献しました。 その後も、 1802年にはイギリスのウエッジウッドが感光紙で塩化銀に写真をうつす方法を開発しています。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です