印刷の製造工程

No Comments

印刷とは大きく分けて、原稿をレイアウト・編集し、印刷のための原版(組版、製版)、刷版を製作するまでの工程と、
印刷、さらには製本や光沢処理など加工を施す工程を経て、書籍や商業印刷物などの形にして流通することをいいます。

その1つのプリプレス工程は、原稿を元に組版をして印刷原版を作成するまでの一連の工程を、印刷の前段階ということからそう呼ばれています。
この工程では、 書籍や冊子、新聞など文字主体のぺージ物の場合には、文字組版が中心になります。
オフセット印刷の場合には、従来までは写植版下方式で文字組版が行われてきましたが、
現在はパソコンによるデジタル方式の文字組版をベースとすることが主流になってきました。
また、チラシやポスターなどの1枚モノでは、文字組版のほか写真や図表、 イラストなどの作図もこの工程に入ります。

それとは別に、プレス工程というものもあります。
これは、版下が作られ、文字校正や色校正が行われ、完壁なデータができ上がった段階で製版フィルムになり、
刷版が作られた後、いよいよ印刷機を動かしてプレスの工程に入るものです。
機械に用紙がセットされ、 版の取り付け、インキの調整と充填などが行われてから、機械が動き出しますが、
小型の機械でも大型でも、まずは試し刷りから始まり、見当合わせやズレの調整、機械のごみ取り、
水やインキ濃度の調整などが慎重に行われた後に、機械がフル稼働して予定の枚数を仕上げ、乾燥するのを待ちます。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です