自費出版って?

自費出版と聞くとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか? 「自費ってことは自分でお金用意しなきゃいけなさそうだし、そもそも出版なんて……。」 と、あまり良い印象をもってない方も多いかもしれません。 確かに自費出版と銘打つからには、出版にかかる費用は自己負担しなければなりません。 パンフレットやレジュメを作るなら別ですが、一冊の書籍を出版するとなると、本の内容もそれなりのボリューム感が求められます。

書店に並んでいる本はどれも立派な体裁で、いかにもプロの方が作ったんだというのがひと目でわかりますよね。 それもそのはず。目を引くようなカバータイトルや表紙、こういったものは大手の出版社が専門に製作していることがほとんどで、 素人がちょっと頑張ってみたところで作れるような代物ではありません。 自費出版ではコストをできるだけ安く抑えるために、発行所を自前で用意することも多いです。 その場合「××出版部」「△△記念会」といった具合に、どうしても個人名に会・部を付け足しただけの簡素なものになりがちで、 大手のように「○○出版」と堂々と出すことはできません。 素人目にも「この本は個人の方が自前で出してる本なんだな」と見透かされてしまうので、売れ行きに影響することも……。

もちろんそうならないために、大手の出版社にお願いして名前を借りることもできますが、当然費用がかかってくるため、資金に自信がない方にはあまりおすすめできません。 このように自分の書いた文章を自前の発行所で出版するか、大手の出版社にお願いして出してもらうことによって、自費出版は成り立っているのです。 自費出版の全体像について把握していただけたら幸いです。