カテゴリー: Uncategorized

自費出版会社はどうやって選んだら良い?

No Comments

「原稿が出来上がった。さあ、出版しよう!」 となったとき、どのような方法で出版しようと考えると良いのでしょうか? 出来上がった原稿を読み手がわかりやすいように工夫して修正したり、手に取れるように本の形にしたり、いろいろとしなければいけないことはあります。 すべてを自前でやってしまえば、コストもかからず、全工程を自分で手掛けるので、それ相応の充実感が得られるのは間違いないでしょう。

とはいえ現実問題、この手の作業を全部自前でやるとなると大変ですし、途中で挫折してしまうかもしれません。 どんなに素晴らしい原稿でも、誰の目にも触れずお蔵入りになってしまってはもったいないですし、せっかく書いたのですから、なるべく人に読んでもらいたいですよね。 そんな個人の想いを叶えるために、自費出版をお手伝いしてくれる会社というのが、実はあるんです。

単に代理で出版するということに限らず、原案の調整から製本・出版までを一手に担ってくれます。 自分ひとりや身内だけで一所懸命に進めることもできますが、やはりプロの業者に頼んだほうが安心できますし、スピードも格段に違いますよ。 とはいえどこの業者に依頼したら良いのか、わからない方もいると思います。 出版代行サービスを行っている会社はけっこうありますが、選ぶ基準としては

  1. 出版にかかる時間が早い
  2. 代金が安い
  3. 細やかなサポートをしてくれる

以上の3点を目安に選んでいくと良いでしょう。 特に大手の会社や名の通ったところにこだわらなければ、上で挙げたような条件で出版をしてくれる業者はあります。 初めて自費出版をするという方は、あまり名が知られていなくても、条件の良い業者さんに依頼してみてくださいね。

Categories: Uncategorized

小説・ラノベで自費出版

No Comments

自費出版は正直言って自己満足的な側面が多いのは否めません。 自分史にせよ専門分野の発表にせよ、自分が密に関わった世界観を世の中に発表していくという点では、どれも同じです。

中でもオリジナル小説やラノベ(ライトノベル)といったものはこの最たるものと言っても過言ではなく、趣味や趣向が合わなければ誰にも見向きもされず、完全に自己完結してしまう場合も。 その分ヒットしたときのリターンは大きく、特定の顧客(ファン)が付けば、売れ行きもはかばかしいものとなります。 仮に売れなかったとしても自分の作品が世に出る、それも書籍という形で出せるので、作家冥利に尽きるでしょう。 せっかく書いてもお蔵入りになってしまってはもったいないですし、たとえ一人でも読んでくれる方がいるなら、出してみるに越したことはありません。

小説やライトノベルは誰でも比較的書きやすく、今の時代の流行という観点から言っても、自費出版としておすすめできるジャンルです。 もちろんまったくの初心者の方はブログや投稿サイトなどで練習をしたほうが良いかもしれませんが、それなりに書いた経験があり、書籍という形で発表してみたい人にはぴったりと言えます。 また手に取れる実物の本の形にこだわらなければ、電子書籍で自費出版する手もあります。 電子書籍なら製本や宣伝のコストもかかりませんし、時間もそれほどかからずスピーディーに出版することができますよ。

特に電子書籍化が進んでいる今の時代には打ってつけの出版法で、電子媒体での出版を応援してくれる業者が増えてきているのも見逃せません。 小説・ラノベで自費出版を考えている方はぜひ電子書籍での出版を検討してみてはどうでしょうか?

Categories: Uncategorized

電子書籍で自費出版する手も

1 Comment

自費出版を考える際、選択肢のひとつとして検討してほしいのが電子書籍での出版です。 ふつう自費出版というとどうしても本の形にして出すというイメージが先行してしまいがちです。 本の形だからこそ意味があるのであって、単なるデータでは意味がないと感じる方もいるかもしれませんね。

でももし実物の本にこだわらなければ、経費や労力・時間の観点から見ても、電子書籍での出版は優秀です。 時代とともにテレビや新聞を見る人が減ってきており、日に日にネットへと移行しつつあります。 そんな中ネットで気軽に注文でき、即時でデータが送られるとともに読むことも可能な電子書籍は、発行者・ユーザーともに非常に便利なサービスと言えるでしょう。

中には個人での自費出版を応援してくれる電子書籍専門の業者さんもありますし、これも時代の背景ではないでしょうか? そんなメリットの多い電子書籍ですが、デメリットももちろんあります。 まずは本の形にできないこと。手元にとって本独特の匂いをかいだり、リアルな書物としての感触を味わえない点が挙げられます。 また電子書籍は書店に並ばないため、ネットで知るしか方法がありません。

「ちょっと本屋さん寄って、立ち読みでもしようかな」といったお客さんは対象外になってしまうというわけです。 どうしても手元に置いておきたいとか、本屋さんに並べてほしいという場合は、電子書籍はおすすめできません。 ただ、「お金はないけど、世の中に発表してみたい」という方には向いていると言えます。 電子書籍といっても、永遠にデータなままとは限らず、本の形にしたいと出版社からお声がかかる場合もあるので、こういう方法もあると覚えておいてくださいね。

Categories: Uncategorized